常に最先端を探求

―次の目標となるタイトル100期について

 最近は非常にたくさんの強い若手棋士が台頭してきていて、自分自身も結構厳しい状況にあると思っています。タイトル戦の舞台に出るからには、自分なりにいい状態で、コンディションを作って来年以降も頑張っていけたらいいなと思っています。

―47歳という年齢について

 ここ最近は将棋そのものも内容というものが大きく変わってきているので、それについていくとか、理解していくのが難しくなってきているのが、実情としてあります。ただ、若くて研究熱心な人たちの棋譜とかを勉強しながら、いいところを取り入れていかなくてはいけないなと感じることが、ここ1、2年非常に多いです。

―年齢による体力について

 実感として、1局の対局をすることに関しては、昔も今も変わりはないんですが、1年間で60局、70局とたくさんの局数をこなして、全体的に高いパフォーマンスを保てるかというと、そこは難しくなっていると思います。それがこれから先の課題だと思います。

―将棋の本質について

 将棋の世界は、基本的に伝統、長い歴史がある世界ですが、盤上で起こっているのはテクノロジーの世界。日進月歩でどんどん進んでいます。過去の実績で勝てたといっても、これから先に何か盤上の上で意味があるかと言われれば、あまり意味がなくて。常に最先端を探求していくという思いでいます。

羽生善治

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中