2017/10/23: カーフ、腹

・シーテッドカーフレイズ ~140kg
・スタンディングカーフレイズ ~178.5kg

・アブローラー x4s
・ハンギングニーレイズ x3s
・ハンギングレッグレイズ x3s

神経伝達の良い部位は、高重量&低レップでも良く負荷が乗り、反応しますね。

他の部位もこのぐらいの水準まで上げていかないと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中